ひきこもりになってしまったかもと思ったら、勇気を出して、相談するのが一番よい方法です。
今の状態を、どうにかして抜け出したいけれど、自分や家族だけでは、どうしたらよいのか、まったくわからずに、頭を抱えている人もいるのではないでしょうか。
食欲不振や不眠が続いたり、イライラして気分が落ち込んだり、また、どうすることもできない体の不調があったり。
これらからどうにかして解放されたいと願っている場合は、精神科や心療内科などの医療機関に相談するのが一番です。
乱れていた心と体のバランスを整えると、だんだんと体も落ち着いてきます。

スポンサードリンク

ひきこもり相談

専門の医療機関をさがしているなら、あなたの地域の保健所に問い合わせるのも良い方法です。
たくさんの情報を提供してくれるでしょう。
自分で受診するのが難しいと感じたら、家族に相談してみましょう。

もし、ひきこもっているなら、このように考えたことはないでしょうか。
「人とはうまくコミュニケーションがとれない」
「だれも自分のことを理解してくれない」
「社会に出る自信がない」

けれど、本当の心の叫びは…。
「自分のことを理解してくれる人に会いたい」
「今の生活から、どうにかして、抜け出せるものなら抜け出したい」

そして、「きっかけがほしい!」
そう思っているなら、まず、一緒に悩みを分かち合うことのできる仲間を捜してみましょう。

地域には、「社会的ひきこもり」が専門の相談窓口が開設されているところもあります。
ひきこもり専門でなくても、相談できる場所や、体験者当事者のグループがあります。

このような場所に相談してみて、自分のことを理解してくれる人に会うことが、今までのカラから抜け出す、第一歩になることでしょう。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

ひきこもり:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://a.fo20.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。