ひきこもりに師友塾のチューリップの館

淡路島の師友塾の「チューリップの館」は、全寮制の学舎です。

スポンサードリンク

対象は、ひきこもりや不登校の中学生や高校生です。
兵庫県淡路島は、自然の豊かな土地で、美しい山や川、海浜などにあふれています。

こんなにすばらしい環境のこの島に、不登校やひきこもりで悩む中学生や高校生を救うための学舎を創ったのです。
すばらしい環境の中で、疲れた心と体をいやして、本当の自分の姿に、だんだんと近づいて行き、元気を取り戻して行くのです。

師友塾は、学校や社会の中でうまく生きて行けず、不登校やひきこもりになってしまった若者たちと接して、彼らの心をたくさん救ってきました。
師友塾では、若者たちを、無理矢理学校や社会に順応させようとはしません。

心の中に眠っている、彼ら自身の意志を呼び覚まそうと言うのです。
そして、一人の人間として、どのように生きるかを、彼らが自分で探り当てることができるように、サポートするのです。

師友塾「チューリップの館」は、ガーデニングや農作業や創作活動をしていきます。
これによって、元気を回復して行くのです。
ガーデニングでは、美しい草花を育てます。

これは疲れた心に大変効果的です。
農作業では、米やとうもろこし、サツマイモなどを、地元の人たちと一緒に育てます。
こうして、食べ物を作る体験をします。

創作活動では、陶芸や絵画や木工細工、また、楽器演奏や演劇などの表現活動もあります。
国語や数学と言った、基礎的な学習もあります。

毎日、仲間と一緒に生活をして、自然の中で、きれいな水や空気、美しい植物に囲まれて生きることにより、心が落ち着きを取り戻してきます。
そして、新しい一歩を踏み出すエネルギーもわいてくることができるのです。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

心の病気ひきこもりが必要なとき
現代社会には、たくさんのストレスがあります。 大きなストレスがあると、自分の力だ......
ひきこもりに家族ができること
ひきこもっている本人は、ずっと部屋の中にいます。 そしてインターネットやゲームを......
ひきこもっているあなたへ
今、ひきこもっているあなた。 あなたにとって、毎日は、つらくて、苦しくて、どうし......
ひきこもりと暴力
ひきこもりが続き、自分でもどうしようもできないことがあり、もどかしくなると、つい......
ひきこもり 家族の役割
もし、自分の子どもがひきこもってしまったら、家族は、なぜそのようなことになったの......
ひきこもりから脱出
ひきこもりから脱出したいなら、小さなことでいいので、まず何か目標を持ちましょう。......
不登校やひきこもりの原因
不登校で、ひきこもりをしている子どもが、学校へ行かない理由は、それぞれ違うもので......
不登校の子どもの心
不登校になってしまう子どもの心はどのようなものでしょうか。 もしかしたら、このよ......
フリースクール元気学園
「元気学園」は、静岡県にあるフリースクールで、不登校やひきこもりなど、悩みをかか......
フレンドスペース(不登校 ひきこもり ニート)
不登校やひきこもり、ニートなどの心理相談機関に、フレンドスペースがあります。 フ......
こころの健康増進センター
こころの健康増進センターは、京都にある、京都市民が持つこころの健康についての相談......
上伊那子どもサポートセンター
長野県上伊那地域には、上伊那子どもサポートセンターがあります。 ここでは、不登校......
精神疾患が原因のひきこもり
うつ病や、統合失調症、パニック障害などの精神疾患を患い、恐怖感や不安感がとても強......
社会的ひきこもり
社会的ひきこもりというものがあります。 だいたい20代前半までにその症状が現れ、......
ハートケアフレンドセンター
ハートケアフレンドセンターは、東京と神戸にある、不登校やひきこもりで悩んでいる人......
世間体とひきこもり
2年間、ひきこもりに悩んでいた親がいます。 世間体ばかり気にして、どうすることも......
昼夜逆転になるひきこもり
ひきこもりをしている人の生活は、ほとんどが、昼夜逆転しています。 明け方まで起き......
ひきこもりは一人暮らしをしたほうがいいか
ひきこもりをしている子どもはたくさんいます。 そんなとき、一人暮らしをさせれば、......
ひきこもりに薬は必要なのか
ひきこもりは病気ではありません。 しかし、その状態が長引くと、様々な精神症状が現......
ひきこもり治療を薦める
引きこもっている人に、専門機関での相談や、病院での治療を親が薦めたとしても、「放......
ひきこもりと感情
ひきこもりをすると、その中で、感情や気持ちがいろいろと変化して行きます。 ですか......

▲このページのトップへ