恐怖症とNLP理論のフォビア概念

恐怖症で悩んでいると言う方は少なくないと思います。
人間の心を弱らせる恐怖症、実に様々な種類がありますね。
誰でも知っているものといえば、「高所恐怖症」「閉所恐怖症」「対人恐怖症」といったところでしょうか。
このような恐怖症のことを、NLPでは「フォビア」という呼び方で分類しています。

スポンサードリンク

NLPにおいてフォビアの基本概念は、生まれ持ったものだから治療しようがない、というものではありません。
その恐怖症に至るには、それまでの環境が影響を及ぼしていて、そこからフォビアが生まれている、という考え方です。
ですので、このフォビア自体を取り除く研究が、長きに渡り続けられているのです。

フォビアを治療するには、そのフォビアがどういう類のものなのかを判断しなくてはいけません。
高所恐怖症や対人恐怖症といった対象の違いを断定していくわけです。

それが断定できたら、そのフォビアが作られるに至った原因を探っていきます。
それまでの出来事や経験、記憶を思い出していくのです。
高所恐怖症なら、高い所に上って落ちかけた経験、といった感じです。

そしてその次は全く逆のこと、つまり気持ちがいいな、と思えることをイメージしていきます。
お茶を飲んでリラックスしている、ベッドで横になっている、といったことです。
これをアンカリングと呼びます。

ここまでOKでしょうか。
その次は、映画館で映画を観ているイメージをしましょう。
映画が上映されていて、そこには、過去の自分が楽しんでいる様子を写してください。

その映画を観ている自分がいて、それを外から観察しているイメージを作っていきます。
次はかなり難しいのですが、スクリーンに恐怖の体験をモノクロで逆回して写していきます。

この作業を繰り返すことで、NLPのフォビアの対する治療は進んでいきます。
過去の嫌な経験を打ち壊すためのプロセスです。
嫌な経験の根っこから打破していくことで、恐怖症そのものをなくしてしまう、という手段なのですね。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

NLP 神経言語プログラミング
「WBC」「ETC」「TPO」「NPO」。 英語の羅列は何かを指すのには長くて使......
NLPで視覚を使った意識分析
NLPにおいて、五感を重視するというお話はしたと思います。 その中でも視覚はとり......
NLPで過去の記憶操作
恐怖症という言葉をご存知でしょうか。 通称フォビアと呼ばれるこの症状の克服には、......
NLPの記憶操作とサブモダリティー
人間の記憶は、人間が把握しきれるものではありません。 実に色々な要素が絡み合い、......
NLP理論 アウトカムの重要性と行動
ビジョンタイムラインのお話を少ししたと思いますが、そのときにアウトカムという言葉......
NLP理論 ポジション・チェンジ
「The map is NOT the territory」(地図は土地ではない......
NLPの基本概念とタイムライン
NLPには様々な概念とテクニックが存在しています。 その中でもメインとなるアンカ......
NLPであがり症克服
NLPにはたくさんの概念とテクニックが存在することは、今までのお話でお分かり頂け......
スポーツでのNLPのアンカリング
NLPには、様々な概念とテクニックが存在しています。 その中のひとつ、「アンカリ......
NLP モデリングの基本
様々な概念を取り入れて構成されているNLP。 その基本概念の中に「模倣」という、......
NLPと目標のための変化
人生において変化する、ということはとても有意義なことであると思います。 NLPに......
NLP理論を活かした学習
NLPのすごいところは、実に様々な分野において応用が可能と言う点ではないでしょう......

▲このページのトップへ