NLPで過去の記憶操作

恐怖症という言葉をご存知でしょうか。
通称フォビアと呼ばれるこの症状の克服には、記憶操作という手段が用いられます。
NLPの中では、記憶操作はとてもよく利用されるテクニックのひとつです。
今回のお話の「ビジュアル・スウィッシュ」も、そのひとつに分類されます。

スポンサードリンク

ビジュアル・スウィッシュは、NLPの用語で技術を指します。
過去に起きた、恐怖や不安の元になっていることを、ポジティブなイメージに変換させてしまう、というものです。

NLPの手段としてももちろんですが、実は人間の頭の中では無意識にこういった記憶操作は行われているものなのです。
人間の精神というのは、とても弱く脆いものですので、常に守っていかなくてはいけません。
そのために、無意識の中で記憶というのは、自分の都合のよいように差し替えられているものなのです。
これはあくまで、本能的な防御機能だといえます。

ビジュアル・スウィッシュは、この機能を人為的に、意図的に行うというテクニックなのです。
それでは、その方法を少し見ていくことにしましょう。

まずは、過去に起きた嫌な出来事、経験を思い出して、それをイメージしてから言語化していきます。
文章になっていなくても、単語や断片的な文章で大丈夫です。
それがある程度出てきたら、一度リセットをかけるために、イメージとはかけ離れた質問を投げます。
メンタルを治療するときの、基本です。

さて、リセットが終わりました。
次は、嫌な過去の思い出に対して「こうだったら良かった、こうすればよかった」という自分の理想の状態をイメージしていきます。
その理想の状態をイメージの中でひとつの「絵」にし、モノクロにしていきます。

モノクロの絵を遠くに置いたら、もうひとつ、嫌な思い出のカラーの絵を作ります。
その2つを、掛け声や息のリズムに合わせて、入れ替えていきます。

このNLPの技術で、嫌な思い出をモノクロにして遠ざけていくことができます。
刷り込みをしていかなければいけないので、作業は何回も繰り返し行うことになります。
言語化していくことで、言語がポジティブになっていくのを確認することができます。
記憶を操作するには、刷り込みという過程を外すことはできません。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

NLP 神経言語プログラミング
「WBC」「ETC」「TPO」「NPO」。 英語の羅列は何かを指すのには長くて使......
NLPで視覚を使った意識分析
NLPにおいて、五感を重視するというお話はしたと思います。 その中でも視覚はとり......
恐怖症とNLP理論のフォビア概念
恐怖症で悩んでいると言う方は少なくないと思います。 人間の心を弱らせる恐怖症、実......
NLPの記憶操作とサブモダリティー
人間の記憶は、人間が把握しきれるものではありません。 実に色々な要素が絡み合い、......
NLP理論 アウトカムの重要性と行動
ビジョンタイムラインのお話を少ししたと思いますが、そのときにアウトカムという言葉......
NLP理論 ポジション・チェンジ
「The map is NOT the territory」(地図は土地ではない......
NLPの基本概念とタイムライン
NLPには様々な概念とテクニックが存在しています。 その中でもメインとなるアンカ......
NLPであがり症克服
NLPにはたくさんの概念とテクニックが存在することは、今までのお話でお分かり頂け......
スポーツでのNLPのアンカリング
NLPには、様々な概念とテクニックが存在しています。 その中のひとつ、「アンカリ......
NLP モデリングの基本
様々な概念を取り入れて構成されているNLP。 その基本概念の中に「模倣」という、......
NLPと目標のための変化
人生において変化する、ということはとても有意義なことであると思います。 NLPに......
NLP理論を活かした学習
NLPのすごいところは、実に様々な分野において応用が可能と言う点ではないでしょう......

▲このページのトップへ