NLPで視覚を使った意識分析

NLPにおいて、五感を重視するというお話はしたと思います。
その中でも視覚はとりわけ重要なもので、目の動きは特に重視されるポイントです。
視覚は、人間の情報収集のメインとなる感覚で、その感覚を操作することで、記憶などから精神面をよくしていこう、というのがNLPの考え方です。

スポンサードリンク

その目を効果的に利用して、過去に起きた嫌な経験や不安といった感情を消していこう、というのが「アイ・アクセシング・エクササイズ」と呼ばれるものです。

NLPにはいくつものテクニックが存在しますが、アイ・アクセシング・エクササイズは目を利用したテクニックになります。
代表システムにおいて視覚優位であると判断された人におっては、効果が大きいといえる技術ではないでしょうか。
それでは、具体的な方法についてご説明していきたいと思います。

まずは、過去に起きた嫌な出来事、経験、そこから来る不安といったものを思い出します。
そして、そのイメージや感情といった他の人の目に見えないものを、言語化していくところから始めます。
このとき、傍にいるセラピストは、そのイメージをしている人の目の動きに着目します。
そこから、どの代表システムに優位性を持っているのか、を判断していくのです。

それができたら、次はセラピストが主導して目を動かしていきます。
その後に、先ほどやったように同じことを思い出してイメージを重ね、最初との差を分析していくのです。

アイ・アクセシング・エクササイズは、目の動きを人為的に操作することで、イメージそのものの変換を図る、という仕組みです。
実践が簡単で、すぐに試すことができますので、色んな分野で活用されています。
しかしその一方、代表システムが視覚優位以外の人には、効果が現れにくいという欠点もあります。

人の記憶や感情は、こびりついて離れないと考えがちですが、実際は外からの操作で割りと変えることが可能だそうです。
そのためには、その人の性質や意識、どんな変化を求めているのか、といった情報が必要になります。
NLPの研究は人の精神を分析していくものですので、終わりがないといえますね。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

NLP 神経言語プログラミング
「WBC」「ETC」「TPO」「NPO」。 英語の羅列は何かを指すのには長くて使......
NLPで過去の記憶操作
恐怖症という言葉をご存知でしょうか。 通称フォビアと呼ばれるこの症状の克服には、......
恐怖症とNLP理論のフォビア概念
恐怖症で悩んでいると言う方は少なくないと思います。 人間の心を弱らせる恐怖症、実......
NLPの記憶操作とサブモダリティー
人間の記憶は、人間が把握しきれるものではありません。 実に色々な要素が絡み合い、......
NLP理論 アウトカムの重要性と行動
ビジョンタイムラインのお話を少ししたと思いますが、そのときにアウトカムという言葉......
NLP理論 ポジション・チェンジ
「The map is NOT the territory」(地図は土地ではない......
NLPの基本概念とタイムライン
NLPには様々な概念とテクニックが存在しています。 その中でもメインとなるアンカ......
NLPであがり症克服
NLPにはたくさんの概念とテクニックが存在することは、今までのお話でお分かり頂け......
スポーツでのNLPのアンカリング
NLPには、様々な概念とテクニックが存在しています。 その中のひとつ、「アンカリ......
NLP モデリングの基本
様々な概念を取り入れて構成されているNLP。 その基本概念の中に「模倣」という、......
NLPと目標のための変化
人生において変化する、ということはとても有意義なことであると思います。 NLPに......
NLP理論を活かした学習
NLPのすごいところは、実に様々な分野において応用が可能と言う点ではないでしょう......

▲このページのトップへ