これからの時代は、国際化社会と言われる時代ではないでしょうか。
そのため、子供には海外でも活躍できる人間になってほしいと思う親は多いのではないでしょうか。
私も、そう考える親の1人です。
そして、上手に英語が話す事のできない親であればなおさら思います。
そのため親の思いで早期から、幼児教育に英語をと思い、英語の映像や曲を聞かせたりすることに取り組んだりしているのです。

スポンサードリンク

幼児からの英語習得でバイリンガル

言葉を覚えるのには、その言葉が自分自身に必要なのか、またその言葉を話す事による上達の喜びがないとマスターされません。
仮に、英語で刺激を与えられても、自分の役に立たない言葉であれば確実に記憶から消えていってしまいます。

6歳迄アメリカで生活していて、英語を自由にしゃべることのできる子供でも、日本に帰国して英語を使わなくなってしまった途端に英語がしゃべれなくなってしまう子供になります。
実際に、たくさんの子供が帰国後にしゃべれなくなってしまったという例があります。
日本で生活するのには、英語が必要ないと認識してしまったのか、または6歳では英語を話す喜びを見出せなかったためではないのでしょうか。

このように、幼児期ではなく、もう少し大きくなって自分の目標で、英語をマスターしなくてはならなくなってくると、その目標に向かって学習し覚えようと努力するので必ずと言って良いほど英語が記憶に残っていきます。

本当に必要でなければ、幼児期にたくさん刺激を与えても記憶に残ったりはしません。
幼児教育で、ただ刺激を与えるだけの教育では全く意味が無いというわけです。

幼児に、英語を話したり聞いたりするによる喜びを与えてあげることが、英語をマスターさせるには大切な事なのです。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

幼児教育 英語と教材:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://a.fo20.com/child/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。