アルクKiddy CAT英語教室 アルクのabc

アルクは英語教育に関して、さまざまなノウハウを持ています。
そしてアルクは、これらのノウハウを活かして、全国で1000程の英語教室を運営しています。

スポンサードリンク

名前は「Kiddy CAT英語教室」といいます。
「Kiddy CAT英語教室」では、初めて英語に触れる幼児でも無理なく始められるように、年齢に応じた教材と内容を提供しています。
例えば、2〜3歳児は「プリコース」から始めます。

このプリコースで使用する教材は「アルクのabc」といいます。
基本的な会話や単語は、英語の歌やアニメに合わせて学習していきます。
嬉しい事にこの教材は、家庭でも使えるので、教室での授業が無い日には家庭で親子一緒に英語に触れて楽しく学ぶこともできます。

教室での授業が進行は、先生の英語による呼びかけによって行い、親子が一緒になって英語を学んでいきます。
自然に英語が身につくことを期待して、クラスで友達と一緒にゲームなど行います。

また、こちら「Kiddy CAT英語教室」の先生陣は審査に合格して認定された方々ので、安心して教室に通わせることができます。
そして教室のほとんどが「自宅を教室にしている」ため、今後、長くお付き合いできる先生に出会えると思います。

全国に教室が1000程あるので、転勤などで引っ越しても、教材が変わることなく同じ教材で安心して学習できます。
じっくりと長期間幼児教育に取り組みたい時は「Kiddy CAT英語教室」はおすすめできます。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

幼児教育と幼稚園生活
乳児期を過ぎ、子供が成長してくると母親とだけの生活から少し離れて幼児期に突入する......
幼稚園で個性を伸ばす幼児教育
どのような幼児教育を幼稚園は目指しているのでしょうか。 幼稚園の目指す幼児教育に......
幼児教育と幼稚園の見極め方
どのように幼児教育を行いたいのか、または、受けさせてたいのかによって幼稚園選びは......
幼稚園で幼児知的教育
すべての親に共通していることは、充実した幼児教育を行っている幼稚園に通わせたいと......
幼児教育と脳への影響
脳への刺激が幼児教育では大切であるといわれています。 3歳位までに、脳が急速に発......
英語,音楽,絵画,ダンス幼児芸術教育
幼児教育は、よく聞く英語教育の他にも音楽や絵画、ダンスなどの芸術教育もあります。......
幼児教育と絵本の読み聞かせ
子供に、始めの第一歩の幼児教育として、絵本の読み聞かせをする人は多いのではないで......
幼児が興味を持つ絵本の選び方
子供に、幼児教育の一環として多くの人が絵本を与える人がいると思います。 しかし、......
幼児教育としての英語
最もポピュラーである幼児教育は、英語教育ではないでしょうか。 何か幼児教育をと考......
幼児教育と英語の映像
1歳を過ぎると、あれこれと自分で何でもやりたがり、そして身体も成長して活発に動く......
幼児のための英語教育
DVDやテレビ番組、ビデオ、絵本などを2歳〜3歳になったころから活用してみるがい......
英語教育は幼児から
一般的に幼児教育としての英語教育は、早く始めたほうがいいのではないでしょうか。 ......
幼児教育と英語教育
早い時期から英語を幼児教育として学んだ結果、少しでも英語が身につけたとします。 ......
幼児英語教育の疑問
早期から幼児教育として英語教育をはじめてしまうと、日本語の発達に悪い影響を与える......
ディズニーの英語システム 幼児英語教材
「ディズニーの英語システム」という英語教材があるのを知っていますか? この教材は......
セサミえいごワールド 幼児英語教材
「セサミえいごワールド」という英語教材があるのを知っていますか?。 大人であって......
TMPフレーズカードシステム 英語教材
幼児教育のために、どこかの教室に通うと思っている人は多いのではないでしょうか。 ......
アルクの英語バイリンガル教育
アルクのキャッチフレーズは、0歳時から始めるバイリンガル教育です。 アルクでの幼......
ヤマハ英語教室と音楽教室
「ヤマハ」と聞くと音楽教室が思い浮かびますが、実は英語教室も全国に展開しています......
幼児教室ドラキッズ英語
「幼児教室ドラキッズ」はショッピングセンターでよく見る幼児教室です。 この「幼児......
アルクKiddy CAT英語教室 A,Bコース
幼児教育の為に、アルクの英語教室に子供を通わせるのなら、幼稚園の年中、年長の幼児......
アルクのabc DVDボックス 幼児英語教材
6歳くらいまでの英語教育のためには「アルクのabc DVDボックス」がおすすめで......

▲このページのトップへ