幼児教育と英語教育

早い時期から英語を幼児教育として学んだ結果、少しでも英語が身につけたとします。

スポンサードリンク

幼児期の教育で得られた成果というものは、大人になってからしっかりと残っているのでしょうか。
そして、幼児期に英語圏の国で生活し育ち、、英語がペラペラな状態で日本に帰国した場合、大人になってからも英語を覚えているのでしょうか。

大人に比べて外国で暮らすようになった子供は、現地の言葉を早い時期にマスターするといわれています。
早く環境に馴染む子供は、周囲との同化意識が大人より強く、現地の子供と触れ合ううちに、周囲に溶け込む為です。

例えば、外国で生まれた時から8歳位まで暮らし、日本に帰国してからその後全く、外国の言葉を使わない生活をした人がいたとします。
成長するにつれそのような人は、完璧にマスターしていた外国の言葉を忘れてしまい、話せなくなってしまうようです。
つまり、幼い頃に完璧にマスターしたとしても、話さなくなってしまうと「一生覚えている」ということはないようです。

家庭で多くの英語に触れ、ある程度のマスターできた英語だとしても、幼稚園などに通園ようになれば、今まで家庭で覚えてきたことは忘れてしまうかもしれないということです。
しかし、忘れてしまったにしても、英語教育を通しての親との触れ合いやコミュニケーションが楽しかった場合は、思い出として記憶に残ってくれるのではないでしょうか。

楽しかった思い出が残っていれば、もしかしたら将来、積極的に自分から英語の学習に取り組むようになるのかもしれないですね。
言葉を残すよりも、楽しい思い出が残ってほうがいいという場合もあるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

幼児教育と幼稚園生活
乳児期を過ぎ、子供が成長してくると母親とだけの生活から少し離れて幼児期に突入する......
幼稚園で個性を伸ばす幼児教育
どのような幼児教育を幼稚園は目指しているのでしょうか。 幼稚園の目指す幼児教育に......
幼児教育と幼稚園の見極め方
どのように幼児教育を行いたいのか、または、受けさせてたいのかによって幼稚園選びは......
幼稚園で幼児知的教育
すべての親に共通していることは、充実した幼児教育を行っている幼稚園に通わせたいと......
幼児教育と脳への影響
脳への刺激が幼児教育では大切であるといわれています。 3歳位までに、脳が急速に発......
英語,音楽,絵画,ダンス幼児芸術教育
幼児教育は、よく聞く英語教育の他にも音楽や絵画、ダンスなどの芸術教育もあります。......
幼児教育と絵本の読み聞かせ
子供に、始めの第一歩の幼児教育として、絵本の読み聞かせをする人は多いのではないで......
幼児が興味を持つ絵本の選び方
子供に、幼児教育の一環として多くの人が絵本を与える人がいると思います。 しかし、......
幼児教育としての英語
最もポピュラーである幼児教育は、英語教育ではないでしょうか。 何か幼児教育をと考......
幼児教育と英語の映像
1歳を過ぎると、あれこれと自分で何でもやりたがり、そして身体も成長して活発に動く......
幼児のための英語教育
DVDやテレビ番組、ビデオ、絵本などを2歳〜3歳になったころから活用してみるがい......
英語教育は幼児から
一般的に幼児教育としての英語教育は、早く始めたほうがいいのではないでしょうか。 ......
幼児英語教育の疑問
早期から幼児教育として英語教育をはじめてしまうと、日本語の発達に悪い影響を与える......
ディズニーの英語システム 幼児英語教材
「ディズニーの英語システム」という英語教材があるのを知っていますか? この教材は......
セサミえいごワールド 幼児英語教材
「セサミえいごワールド」という英語教材があるのを知っていますか?。 大人であって......
TMPフレーズカードシステム 英語教材
幼児教育のために、どこかの教室に通うと思っている人は多いのではないでしょうか。 ......
アルクの英語バイリンガル教育
アルクのキャッチフレーズは、0歳時から始めるバイリンガル教育です。 アルクでの幼......
ヤマハ英語教室と音楽教室
「ヤマハ」と聞くと音楽教室が思い浮かびますが、実は英語教室も全国に展開しています......
幼児教室ドラキッズ英語
「幼児教室ドラキッズ」はショッピングセンターでよく見る幼児教室です。 この「幼児......
アルクKiddy CAT英語教室 A,Bコース
幼児教育の為に、アルクの英語教室に子供を通わせるのなら、幼稚園の年中、年長の幼児......
アルクKiddy CAT英語教室 アルクのabc
アルクは英語教育に関して、さまざまなノウハウを持ています。 そしてアルクは、これ......

▲このページのトップへ